龍生派のいけばな

龍生派の歴史

1886年(明治19年) 初代家元𠮷村華芸(卓次郎)、池坊より分派、「池坊龍生派」を創流
1932年(昭和7年) 𠮷村華芸逝去。 𠮷村華丘(有美)が家元を継承し、二代家元となる
1939年(昭和14年) 龍生派華道会館落成(東京・柳橋)
1944年(昭和19年) 二代家元𠮷村華丘逝去。 𠮷村華泉(龍麿)が家元を継承し、三代家元となる。
1951年(昭和26年) 池坊龍生派教員華道会(現・龍生華道会)、社団法人として認可
同年、東京・市ヶ谷に龍生会館竣工
2012年(平成24年) 新法人法施行に伴い、一般社団法人 龍生華道会として申請、認可
同年、市ヶ谷に新・龍生会館竣工
2015年(平成27年) 三代家元𠮷村華泉逝去。吉村華洲(剛)が家元を継承し、四代家元となる
名前の由来
初代家元、華芸の出身地である、
愛知県岡崎市の城の名に因んだもの。
徳川家康がうまれたその岡崎城が
別名「龍が城」と称せられていたことから
龍の一字を冠したものです。
龍紋